嘘を愛する女|本当の愛って何だろうと考えさせられた

予告を観てかなりミステリアスな雰囲気が漂う映画だなぁ…
と思い、ドロドロ感を期待していた「嘘を愛する女」。
ようやく観てきました。

少し想像と違う展開に意外性を感じつつも、イントロダクションの通り、本物の愛を描いた作品になっていると思いました。
今回はそんな「嘘を愛する女」のレビューです。


「嘘を愛する女」特報(東宝MOVIEチャンネルより)

「嘘を愛する女」ってどんな話?

世話好きな研究医の恋人・小出桔平(高橋一生)と5年にわたって同居している食品メーカー勤務の川原由加利(長澤まさみ)。ある日、桔平がくも膜下出血で倒れて寝たきりになってしまう。さらに彼の運転免許証、医師免許証が偽造されたもので、名前も職業もうそだったことが判明。彼女は探偵の海原匠(吉田鋼太郎)と助手キム(DAIGO)に桔平の素性調査を依頼する。そして桔平が執筆中だった小説が見つかり、そこから瀬戸内のどこかに桔平の故郷があることを知る由加利だったが……。
シネマトゥデイより

ある日突然、恋人が病に倒れてしまったのがきっかけで、その人の素性が全部嘘だったことを知ってしまう主人公の由加利(長澤まさみ)。
驚きと混乱、次第に怒りもこみ上げてくる中で、恋人の過去を探しに行くというストーリー。

免許証は住所以外は全部でたらめ。
勤務先には在籍しておらず社員証も偽物。
本当の名前も分からないので、病院の書類に患者名も書けず…

恋人という親密な関係の人が、名前から何から全部嘘だって知ったらちょっと怖いですよね…

そんなミステリアスな要素もありつつ、本当の愛って何だろうと考えさせられる映画になっています。

【ココが良い】演技、瀬戸内の景色、長澤まさみ

何といっても、長澤まさみさんがイイ!
君の名は。の奥寺先輩の声も担当していましたが、最近は映画で結構お見掛けすることが多くなりました。

今回の「嘘を愛する女」では、高橋一生さん演じる桔平の恋人役として出演されています。この前観た散歩する侵略者でも同じような役を演じていましたが、「恋人」や「妻」といったポジションの役がホントハマってますね。

この映画では、恋人の素性が全部嘘だったと知った時の衝撃だったり、混乱だったり、怒りや悲しみといった感情を含む演技がホントに素晴らしいと思いました。

それだけでなく、映画に登場する方々の演技がホントに良かったんですよね。

何でも、監督が役者の皆さんに、各キャラクターの詳細設定資料を事前に渡されていたそうなんです。
それこそ、家族構成や、家族からの影響、学歴、性格、性格形成にまつわるエピソードなど、登場人物のバックボーンが描かれたかなり詳細な資料だったようです。

そのため、役者やスタッフの皆さんが、監督がイメージするキャラクターをしっかり共有できているんだなぁと、素人の立場からでも分かるくらいの素敵な演技でした。

あと、映画後半のメインの舞台となる瀬戸内の風景がすごく良かったですね。
瀬戸大橋や、瀬戸内の色んな島の風景がでてきますが、それだけで画になるくらい壮大で素晴らしかったです。
映画を観ながら、旅行で行ってみたいなと思ってしまいました(笑)

【ココはちょっと…】エンタメ性

この手の映画は、観た後に観客自身が考えたり感じたりすることができるという点で素晴らしいと思いますが、正直、エンタメ性には欠けますよね。

この映画は、新聞にも載った「夫は誰だった?」という実在の事件をヒントに作り上げた物語です。
そのため、すごくリアリティがあって良いのですが、娯楽という観点で見れば、それほどでもないかな…と思いました。

友達に「行こうぜ!」と言って誘うようなノリの映画ではないことは確かで、実際、私が観に行った上映回は、基本的にはカップル(夫婦)か、一人で鑑賞されている方だけでした。

逆に、大人しくしっとりと観るにはいい映画だと思います。

本当に愛するということ

この映画の宣伝文句で、「愛の概念が覆る」なんて言ったりしていたので、結構興味深く観ていました。

愛する人の素性が全部嘘だった。
すなわち、愛する人について知っていることが全部崩れ去った時、その人を本当に愛することができるのだろうか。
そういう視点で「愛」を描いた作品なのだろうと、解釈しました。

そもそも愛って本当に難しい概念だと思います。

今回の映画のような話だと、愛もさることながら、今まで築いてきた信頼が失われてしまう事態だと思います。自分ならちょっと引いてしまうなぁ…と思いますが、その嘘も含めて全てを愛す、ということを映画で魅せられたような気がしました。

ただ、映画の中の嘘は、愛しているが故に、由加利を苦しめているという側面もあると思うので、今まで観たことがないタイプのヒューマンドラマでした。

というわけで、嘘を愛する女の評価は…

音楽★★★☆☆
物語★★★☆☆
脚本★★★★☆
演出★★★★☆
感情★★★☆☆

総合評価3.4

公式HP:嘘を愛する女

トップ画像:(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

鑑賞記録

劇場

TOHOシネマズ錦糸町
スクリーン3(ビスタサイズ)
上映回:2018年1月28日(日)9時40分~

本編前予告作品一覧(上映順)

(1)グレイテスト・ショーマン

(2)スリービルボード

(3)ちはやふる -結び-

(4)去年の冬、きみと別れ

(5)羊の木

(6)不能犯

(7)羊と鋼の森

(8)ラプラスの魔女

(9)坂道のアポロン

(10)空海-KU-KAI-

(11)いぬやしき

客層

30代 1割
40代 4割
50代 5割
男女比 5:5




▼気に入ったらシェアをお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。