劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~|テレビ版2期を観てない立場から言いたいこと。

響け!ユーフォニアムの1期は超ハマってがっつり観てたんですけど、色々忙しくて、2期テレビ版は観れなかったんです…そのため、今回の劇場版は2期の総集編ということで、とても楽しみにしていました。(にもかかわらず、またしても色々立て込んでて1週目には行けなかった…)

2週目にようやく劇場版を観てきたんですけど、正直に言うと最初「何、これ…」って思いました。ものすごく衝撃を受けて、感想を言葉で表現できないほど感動したんですよね。。

今日は改めて2回目を観てきたのですが、やっぱり泣いちゃって(笑う) 素敵なセリフやシーンがたくさんあるホントに素晴らしい映画だなぁと思いました。まだ言葉にするのが難しいんですけど、少し感想を書きたいと思います。
※TV版2期を観ていないので、もしかしたらTV版を観れば分かるようなことも書くかもしれませんがご了承ください。


「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」本予告(KyoaniChannelより) 

これは本当に総集編なのかと問いたい。

TV版2期を観た方なら、このシーンは〇話だなぁとか、あそこの話はカットされたなーとかを観て分かると思いますが、私はTV版2期を観れなかった立場なので、逆にTV版にするとしたらどこで分けようかなーと思いながら劇場版を観ていました。

そもそも今回の映画は「久美子とあすか」を軸に再構築されています。そのため、2人を中心に物語が進むように作られているのは分かるんですけど… にしても編集が上手すぎる!

当然、分けるところなど見つけることができなかったし、一つの映画として観せられても全く違和感がないほど素晴らしかったです。

楽器はキャラクター自身だと思う。

そもそもこのアニメは、結構ガチな吹奏楽部を描いた物語なんですよね。練習もすごい厳しいし、香織先輩が麗奈にソロパート取られちゃうようなこととか、それに伴う悔しさとかもしっかり描いてるし…(この辺は1期でやってる)
そうやってみんなが一つの目標に向かっていく姿は本当に観ていて感動します。

そしてそれだけではないのが、このアニメの良いところだったりします。
今回の劇場版を観て改めて感じましたが、大会での演奏のカメラワークに注目すると、登場人物と楽器が半々くらいの割合で映っています。人のほうが見切れて、楽器が前面に出てるカットもありました。

画像引用:(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

これはあまり考察したことはなかったんですけど、もしかして登場人物と楽器をリンクさせているからなのでしょうかね。
劇中でも、あすか先輩が「黄前ちゃんってユーフォっぽいね」というセリフがあるように、登場人物の個性と楽器の特徴を重ね合わせるような魅せ方をするなぁという印象がありました。

そもそもユーフォニアムという楽器は、柔らかく豊かな響きの音色です。色んなパートを演奏できる表現力があり、吹奏楽でも重要なポジションなので、簡単に言うと何でも屋みたいな…
そう考えると、あすか先輩はまさにユーフォみたいな人で、パートリーダーも副部長も勉強も演奏もなんでも出来ちゃうすごい人っていうところに共通点を見出すことができます。
(久美子がユーフォっぽいという考察はまた別の機会に…)

でも、ユーフォは表現力豊かでどんなパートも演奏できるといっても、決して特別な楽器ではなく、吹奏楽の中で見れば一つの楽器にすぎません。
まさにそういった部分は、あすか先輩が練習に来なくなって初めて、周りのみんなが、彼女が特別な存在ではなかったことに気づくシーンに繋がるのだと思います。

なので、私にはどうも楽器はキャラクター自身を表してるように思えるんですよね。だから演奏のシーンは、楽器=キャラクターだからしっかりカメラで捉えてるのかなって。
このアニメの制作が京都アニメーションで本当に良かったって思ったよね。。

自分が良いと思ったシーンやセリフ

本当に編集が素晴らしくて、好きなシーンやセリフがいっぱいあるんですけど、分かる範囲で何点か紹介したいと思います。

①始まりと終わりのシーン

映画の一番最初、あすかの子供時代のお話から始まりますが、カットとしては橋の下から始まります。
そしてラストは、橋の下であすか先輩のユーフォの演奏を久美子が聴くシーン。
自分だけだと思いますが、最初と最後の場所が同じっていうのがすごく良いんですよね。。
全然関係ないですけど、橋の下と言えば、中島みゆきさんの夜会「橋の下のアルカディア」を思い出すなぁ…

②「黄前ちゃん、ユーフォ好き?」

このセリフ、映画の中で何回か問われるんですよね。同じ質問をするっていう表現がすごい好きなんです。
「同じ質問」ということは、質問は同じだけど答えだけは変わる可能性が残されているということなので…

 画像引用:(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

映画では、文化祭での演奏の前にあすか先輩から「黄前ちゃん、ユーフォ好き?」と聴かれて、久美子は「改めて言われると怖気ずくというか…」というあいまいな回答。

それがラストシーンでは、
あすか先輩「黄前ちゃん、ユーフォ好き?」
久美子「はい!好きです!」
あすか先輩「私も」
に変わるんですから。もうこのやり取り泣きますやん…

③「ずっと聴いていたいです!今、吹いて欲しいくらい!」

久美子があすか先輩の家に行ったシーンでのセリフ。普段は感情的にならない久美子が、「あすか先輩のユーフォが好きです」と明確に発言した後のセリフ。

久美子ってホント一生懸命なんですよ。普段あんなになぁなぁなのに、こういうここぞという時に溢れ出る感情に感動しました。

④「後悔するって分かってる選択肢を自分で選ばないでください」

あすか先輩と久美子が校舎脇で言い合うシーンの中でのセリフ。ここの一連のやり取りはどれもこれも名ゼリフばかりで、全部良かったんですけど、特にこのセリフの破壊力はヤバかった…
正直、ここ一番号泣した…

久美子のお姉ちゃんが後悔してるのを見たから言えるんですよね。あすか先輩に対して一生懸命な久美子の姿がとても印象的でした。

⑤「響け!ユーフォニアム」

もちろんTV版を観ている方なら当然に知っていたんでしょうけど、私は2期観れてなかったのでこれは初見でした…
あすか先輩が吹いてた曲のタイトル初めて知ったよ…
アニメのタイトル持ってくるのホントずるいよね(褒めてる)


現時点で書きたいと思ったことは以上になります。
ホントに総集編とは思えないほど素敵な映画でした。

いつも映画を観に行く時に、素敵なセリフとかを書き留めようと思ってノートを持っていくんですけど、ユーフォに関しては6ページも書いちゃったよ…(暗闇の中書き殴ったんでその内3割くらい解読不能)

まだまだ良いシーンやセリフがたくさんありますし、色んな考察ができる部分もあるのかなと思うので、また機会があったら書きたいと思います。

来週また入場者特典もあるみたいなので、それも欲しいですし!


公式HP:劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~

トップ画像:(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

鑑賞記録

劇場

MOVIX亀有
スクリーン8(ビスタサイズ)
上映回:2017年10月15日(日)9時40分~

本編前予告作品一覧(上映順)

(1)GODZILLA 怪獣惑星

(2)はいからさんが通る-前編-

(3)探偵はBARにいる3

(4)ジャスティス・リーグ

(5)バリーシール アメリカをはめた男

(6)特別版Free!-Take Your Marks-

(7)曇天に笑う-外伝-~決別、犲の誓い~

(8)中二病でも恋がしたい-Take On Me-

(9)インフィニティ・フォース

(10)曇天に笑う

客層

20代 5割
30~40代 4割
50代以上 1割
男女比 7:3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*